SEのコミュニケーション能力を育成する

どうすれば若手は育つのか

コミュニケーション能力育成のコツ

SEにとって重要なコミュニケーション能力を育成するには、いくつかのポイントに絞って理解し、普段からそれを心がけるということが大切です。コミュニケーションが苦手な人がそれを克服しようと思うと、どんなことを自分から話すべきかという方向に意識が向いてしまうことがありますが、本当にコミュニケーション能力がある人は話し上手ではなく聞き上手です。そのため、まずは相手を観察してよく話を聞くということから意識するとうまくいく可能性が高いでしょう。

観察力を鍛えるには

人と円滑なコミュニケーションを取るためには、相手の様子をよく観察する必要があります。もし相手の反応などを気にせずに会話をした場合、話が一方通行になってしまう可能性もあり、コミュニケーションがとても重要なSEの仕事にも支障が出てしまいます。そのようにならないためには、普段から観察力を鍛える努力を積み上げていくことが大切です。では、観察力を鍛えるためには具体的にどのようなことを意識したらいいのでしょうか。READ MORE

信頼関係を築くには

人との信頼関係を築くには長い時間がかかる場合もありますが、初対面の人とすぐに心の距離を縮める方法もあります。SEの仕事はコミュニケーション能力がとても重要で、短時間で相手からの信用を得る必要がある場面もあります。そんな時、できるだけ相手に良い印象を持ってもらうためには、お互いの共通点を見つけることがとても役立ちます。ビジネスにおける信頼関係は仕事をスムーズに進める上でとても重要なことなので、信頼関係の築き方は早くにマスターしておくと安心です。READ MORE

傾聴を身に付けるには

カウンセリングで一般的に用いられている手法の一つに「傾聴」があります。傾聴とは人の話を聞くことですが、ただ聞くのではなくて相手が心の内を十分にそそぎ出すことができるよう聞くことに徹する方法です。この時に、いくつかのポイントを意識して言葉を返すようにすると相手は話しやすくなります。傾聴のスキルを身に付けると、人の話をじっくりと聞くことができるようになるので、仕事でもプライベートでも人との関係を良いものにする助けになります。READ MORE

関連する記事

できる人の特徴を想像する
できる人の特徴を想像する

若手を「できるエンジニア」として育成していくために重要なのは、できるエンジニアとしての基礎となる部分をしっかりと作ることです。エンジニアの仕事内容は時代の流れと共に環境が変化してきていますが、できる人の特徴はいつの時代も共通しています。そこで、いくつかあるその特徴について想像してみると、ベテランとしての自分自身の振り返りにもなりますし、若手をどのように育成していくべきかのヒントにもなることでしょう。

READ MORE
観察力を鍛えるには
観察力を鍛えるには

コミュニケーション能力をアップさせたいと思うと、話す内容などを考えてしまうことも少なくありませんが、それよりも前に意識しておきたいのが相手の様子です。コミュニケーションが苦手という人であれば、無理に話そうとするよりも相手の様子をまずはよく観察し、その時相手が何を考えているのかを言葉だけでなく表情や仕草などから読み取るようにします。観察力が身に付くと相手の気持ちをより想像しやすくなるので、自然と言葉を選べるようになります。

READ MORE
自信がなさそうな人には誰もついていかない
自信がなさそうな人には誰もついていかない

自信がない人と自信のある人という2人のリーダーがいたとして、部下としてどちらについていくかを選択できるのだとすれば、自信のある人を選択したくなるのではないでしょうか。できないことばかりに目を留めて自信を持てないまま仕事をしていては、部下にも悪影響が及んでしまいます。そのため、リーダーとして部下を育成し、チームを運営していくためには、エンジニアとしての技術力以上にマネジメント力が求められるということを心得ておくことが重要です。

READ MORE

若手を育てよう!

若手SEの育成に役立つ知識と情報を紹介するサイトです。【当サイトお問い合わせ先】